So-net無料ブログ作成

除夜(大晦日) [雑談]

今年もそろそろ終わりですね




今年も昨年と変わらず病院漬けの日々でした。




私の現状を初めて知ってお見舞いに来て下さった方々、仕事の合間を縫って来て下さった方々、ホントにありがとうございました。少しの時間ですが会話が出来て励まして貰ったり、何気ない会話で笑ったり出来てとてもありがたく思います




また今年の反省とほんの少し良い事と来年の抱負を述べさせていただきます




今年の反省




病に抗う事が出来なかった事




友人と呼べる人達と食事に飲みに行けなかった事




DQNな会社と提携を結びかけた事







ほんの少し良い事




6月に提携した『もじの素』で人気書家ランキングトップ10の頂に名を連ねられた事




そのおかげで企業との年鑑提携が結べた事(一部除く)




ぷにゃきち笑店硬筆&書道部(教室)を開設した事




ネットショップ ぷにゃきち笑店 ぷにゃ吉右衛門美菖蒲介光陽を開設した事







来年の抱負




1回でも良いから入院の回数を減らす事




感染症の発症率を極力減らしてみたい




FX・デイトレ・仮想通貨がより充実した取引である事




ストックフォト(もじの素・PIXTA etc)等のデータがよりダウンロードされる事




宝くじの大当たりカモ~~~~ン




とまあ、こんな感じです(笑)




あぁ大事な事忘れてました。今年こそは友人と食事に飲みに行ける事を切に願います。




あと3時間あまりで平成最後の年明けです。




少し早いですが今日は痛みが激しいのでベッドに横になります。と言っても寝るわけではありませんが・・・




みなさん良いお年を・・・来年も宜しくお願い致します。



nice!(0)  コメント(0) 

毎年恒例の餅作り [雑談]

こんにちは

今日も身体中の痛みに耐えてる、ぷにゃきちです(;´Д`)

さて、私は両親と同居しているのですが昨日の夕方から餅米がリビングに積まれてるんですよね。

そうです。毎年恒例の餅作りです。家の分だけなら市販の餅で十分だと思うんですけど料理好きの母は市販の餅が余り好きではないらしく、私が生まれる前からずっと、餅は家で作るものと亡くなった祖父母から教え込まれてたようで(笑)

私が幼少時は親戚が勢揃いで40kg分ぐらいの餅を作っていたのを思い出します。

昨年まで父方の姉が餅を作って配っていたのですがその叔母も昨年の27日に亡くなりました。なので今年は一家総出で餅作りなんですが私は握力が無い為戦力外、父は気遣いというものがないからもっと戦力外(笑)

しかし、鏡餅みたく形を整える為のラップ切りぐらいは出来るのでそこはお手伝い!家にあるお椀というお椀が全て餅の容器に変わっちゃうんですよね

なもんで今日の昼食はカップ麺でした(個人的には5ヵ月ぶりぐらいのカップ麺でテンションMAXなんですけどね(笑))

前日に餅米を水に浸して、朝食後に蒸して2台ある餅つき器に投入

僅か10分足らずで出来上がるもんで手際の悪すぎる父には当然、母の叱責が飛ぶわけですよ。

『どうしたらそんな入れ方になるのかな?とかホント雑だよねあなた!とか』

夫婦漫才見てるような感じです

この餅を少し固まったら親戚中に配るわけですが配りすぎるあまり自分家にはほんの少ししか残らないというオチ・・・

何の為に作るんだよぉ?

あんたらに食べさせたら血糖値があがるでしょうが?

そこですか?

おかあちゃん?

雑煮は?焼き餅は?と聞くと『食べなくても新年は来るんだから何の問題もない』と一蹴

・・・・・・・・。

じゃあ何の為につくるにょろよ?
nice!(0)  コメント(0) 

もう22日ですねぇ [雑談]

こんにちは

どうも、ご無沙汰しています。

ぷにゃきちです。

相変わらずの激痛に昼間は横になり、夜中少し痛みが退くと筆文字代筆業を始めます。

3万枚近くあった年賀状も残り1200枚ぐらいとなりました。

まぁ残りは私の書友、書先輩方、病院スタッフ、リア友、今年お世話になった方々の分です(笑)

自分の分で1200枚ってアホみたいでしょ?

高校時代からですから約20年程でしょうか・・・?

ずっと手書きで年賀状の宛名を書き続けています。

まあ最近ではSNS等で少しばかりくる程度なんですがそれでも手書きの年賀状は需要があるんですよね

最初は家族の年賀状の代筆からだったんですけど、母が自営業をやっていたせいもあり、この字は誰がかいたの?と店で話題となり少しずつ口コミで広がり始めたのがきっかけです。

今年は運良く、家で年賀状を書く事が出来、思うように事が運んだんですが自分一人で代筆する為、許容範囲がどうしてもあって1万5000枚程と踏んでいたのですが予想を大幅に超える量となってしまいました。

大丈夫かな?って最初思ったんですけどね・・・先程も言ったように家と病院じゃ揮毫するスピードが全然違いましたので何とか事が運んだというわけでございます。

でも年賀状だけじゃないんですよね・・・(;´Д`)

命名紙の仕事も他の仕事も依頼が来るので、年賀状書いてる最中なのでお断りしますなんて言えませんよ。

次の入院はホントは年が明けて7日の予定だったのですが1年に1回あるかないかの地元でのCIDPによる患者交流会があるとのことで再診の際、主治医の先生に外出許可をお願いしたところ、なら入院延ばそうと言ってきたのです。

正直なとこ、首にカテーテル挿入したままで外出許可なんぞしようもんなら感染症起きる可能性◎なわけで急遽、延期になりました。

なかなか難しいところです。

年末まで残り9日・・・

あっという間でしょうが何とか平穏に過ごせればと願いつつ、頑張っていきたいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

年賀状書き必死(笑) [趣味と仕事]

おはようございます

ぷにゃきちです

みなさん、毎年年賀状書いてますか?

最近ではSNS等で新年の挨拶が増えてきたように思えます

私、ぷにゃきちは以前も言ったように筆文字代筆業を仕事としています

年賀状発売前から続々と年賀状代筆依頼がメールやら地元のお客様より依頼が来るのですが一人でかくには限度があります。昨年は2万枚ぐらいだったでしょうか・・・

今年もそれぐらいかな?なんてたかくくってたんですけど予想を超える3万枚で毎日必死こいてペン字だったり筆文字だったりと書に向き合っています。こうしている間も身体中の痛みは激しさを増すばかり何ですが泣き言は言ってられません。

期限日までに書き終えないといけないので・・・

それだけ需要があるだけいいのかなぁと思いつつ1枚1枚心を込めて揮毫しています。

残り5000枚をきりました。あと少しです。

来年は限界枚数を減らそうかと思いますが入院している間に両親が注文を受けちゃうもんで退院してきたときにはすでに1万枚越えてるときとかあった年があったりで心の中で悲鳴を上げながら書いてるときがあるんですよね

でも書に向き合える事が何よりの喜びなので悲鳴を上げながらも愉しんでるので良しとしましょう
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。